ピルの医療機関の処方と個人輸入の比較

ネット通販を利用する女性
昔とは違い、若者などの間でも男性と女性の性交渉というのが、とても気軽に行われるような時代になっています。
それに伴い、将来を考えていない性交渉の場においては、避妊をするということが重要になっているのです。
しかしながら、日本では男性主導型のコンドームが一般的な方法として知られており、女性が受け身になってしまうことも多いのが現状です。
それでも最近は、女性が自分でできる避妊方法として低用量ピルの服用ということが知られるようになっています。
これは、女性ホルモンを含む錠剤を飲むことによって、女性側の排卵を抑えることができ、妊娠を避けることができるというものなのです。
きちんと毎日飲むことで、ほぼ100%成功するものであり、とてもありがたい薬でもあるのです。
しかし、ピルは飲み忘れが生じると避妊の効果を継続できなくなってしまうものでもあるのです。
特に48時間以上の時間が空いてしまうと、効果がなくなってしまうので注意が必要なのです。
このようにとても便利なピルですが、入手するには2つの方法があります。
まず一つ目には産婦人科などの医療機関に行き、医師の診察を受けて処方してもらう方法と、もう一つが海外からの個人輸入の通販により購入する方法になります。
両者を比較してみると、個人輸入で購入するほうが医療機関で受診して処方してもらうよりもかなりリーズナブルに入手できるのです。
価格帯もサイトによってもさまざまですし、医療機関の処方でも一律ではないので、比較が難しいのですが、個人輸入のほうが3割程度の価格で入手できたりするので安上がりなのです。
このように比較をしてみても、個人輸入はいいのですが、持病がある人や体調面で心配のある人では医師に診てもらってからのほうが安心なのです。

あわせて読みたい記事