借入

借入の申し込み時にやってはいけないこと

お金を借りたい時の申し込みは、とかく緊張を伴うものです。借りられるだろうか、自分が必要な金額まで限度額が到達するだろうかという不安を抱えての申し込みは冷静さを失ってしまうこともあります。普段ならやらないようなミスも起こってしまうかもしれませんね。借入の申し込み時にやってはいけないことはいくつかあります。審査結果にも直結するものですから、十分に注意しておきましょう。

 

カードローンなどでは特に、申し込みをネットで済ませることが増えているでしょうか。ネットでの申し込みは手軽な反面、ちょっとした数字の入力ミスも起こりやすくなります。確認画面はありますが、気持ちが焦っている状態ではきちんと確認しないままに間違った状態のまま申し込みしてしまうこともあります。

 

審査時に重視されるのは信用度です。どのような企業に勤めていて勤続何年なのか、さらに年収など返済を確実にできるであろうと考える信用度を金融機関は計るわけです。申し込みの段階できちんと入力できない人物、うっかりミスなのに、と申し込む側は思いますがそれを理由に信用できなさそうと判断されてしまっても文句は言えない部分がありますね。

 

ましてや、多く借りたいからと「年収は多めに書いておこう。」「勤続年数を1年ぐらい長く書いたほうがたくさん借りられるかな。」とわざと実際とは違う内容を記入するのはもってのほかです。きちんとありのままを書いて申し込みをすることがとても重要になるのです。

 

申し込み時には必要書類を提出しなくてもよい金融機関も多いのですが、最初に手元に準備しておきそれに従って申し込みフォームに入力していくということも間違いを防ぐ意味ではよいかもしれません。それでも送信後などに「申し込みが終わった。」と少しホッとした状態で確認したら間違いに気付いたということも起こるでしょう。間違いに気付いたらその時点でとにかく申し込み先に電話連絡を入れましょう。「大きな違いじゃないからまあ大丈夫かな。」と自己判断することだけは止めておきましょう。

 

他社借入が多いと新たなローンは難しい?
ローンを複数利用中の方は多いでしょう。住宅ローン、マイカーローンなどを併用している方は少なくありません。ここに持っておくと安心なカードローンなどを追加して利用している方も多いのではないでしょうか。お金の計画にローンはつきものとはなっていますが、さらに借りたいという事態になった場合にはどうなるのでしょうか。他社借入が多いと新たなローンは難しいということになるのでしょうか?

 

ローンといっても大きく分類されるということはご存知でしょう。銀行などからの借入と貸金業者からの借入は分類して考えることになっています。これは、貸金業者からの借入とは貸金業法に基づき、総量規制と呼ばれる年収の3分の1までしか借りられないということによるものです。銀行からの借入はこの総量規制の額に含まれませんので、借入先によってローンは分けて考えることになるのです。

 

とはいっても住宅ローンなどでは収入に基づいた返済率によるローン金額が厳密に定められていますし、カードローンでもいくらでも限度額が設定できるというわけではありません。あくまでも返済できるであろうという金額を目安に限度額が設定されることになります。

 

新たなローンの申し込みをした場合は現在の借入の件数というよりも、その借入内容と借入額に重点が置かれるということになるでしょう。もちろん借りられるのならいくらでも、という発想を利用者もしないほうが良いでしょう。自分の現在の借入残高、月々の返済、その完済予定時期などは当然しっかりと把握してあとどれぐらいまで収入から返済に回せるのかということを予測してから申し込みをするべきでしょう。

 

もしも利用前に少しでも返済に困難を感じるようであれば、現在のローンのいずれかを完済してから新たなローンを申し込む計画に変更するべきでしょう。必要な借入額が明確に決まっていれば、なおさら返済のプランをしっかりと立てておかないと予定外のことなどが起こったら返済に行き詰まってしまうということになります。複数のローンを抱えるということは、それだけ返済についてしっかりと意識することが求められるのです。