ピルはキレイのために

低用量ピルの画像ピルと言えば、避妊薬として認知度の高い低用量ピルが一般的です。
ピルは、産婦人科で診察を受けて処方されるものですが、健康にも問題がなく、ピルの扱いに慣れているのであれば、ピルを通販で定期的に購入するのがおすすめです。
世界中で多くの女性が利用している安心の品質を、安価で便利に購入することができます。
通販で購入できるピルは、低用量タイプが主流です。
このタイプは、避妊用としての利用目的のほか、キレイのためのピルとしても注目を集めています。
女性ホルモンのバランスを整える働きがあるため、生理不順の解消肌荒れやニキビつらい月経前症候群の解消に役立ちます。
卵巣がんの発症の抑制する効果もあるとされています。
毎月の不調を少しでも和らげ、月経によって生活ペースを乱されたくないいう人にとっては、積極的に活用したいアイテムと言えます。
また、月経の周期をコントロールすることができるため、旅行や仕事などと月経が重なりたくないという時にも利用することができます。
こうしたスポット的な利用は、中用量のタイプが利用されます。
また、通販ではミニピルというエストロゲンを含まないタイプも販売されています。
ピルの服用により血栓症のリスクが高まるとされる35歳以上の女性や、喫煙者などに向いているとされています。
種類の豊富な通販だからこそ、手に入れることのできるアイテムと言えます。
ピルの通販は、個人輸入代行サイトでの購入が主流です。
通販の規約をよく読んで、信頼のおけるショップで購入することが大切です。
また、通販で購入することのできる量は、ほぼ一ヶ月分とされています。
購入サイクルなどに注意して、国内通販での注文よりも、余裕をもって注文することがおすすめです。

ピル服用は妊娠に影響しない

ピルは女性の避妊薬として、多くの病院で取り扱われています。
また、子宮内膜症などの婦人科系の病気の治療にも使われています。
そのため、目的に応じて多くの女性がピル服用を行っています。
しかしピル服用を続けていると、不妊症になってしまうのではないかと心配する人がいます。
確かに避妊薬としての効果を持つピルですが、ピル服用を止めて妊娠したいときに妊娠しにくくなるということはありません。
ピル服用を止めれば、通常通り排卵が起きるので妊娠も可能です。
つまり、妊娠にはこのピルの効果は影響しないのです。
まずこれらの避妊のしくみには、排卵を起こさないようにするためにピルが黄体ホルモンの成分を含んでいるためです。
この黄体ホルモンは、排卵後に分泌されるものです。
そのため月経初日からピル服用を開始すれば、排卵後の状態を一時的に作り出すので脳の判断で排卵の抑制となる訳です。
しかしピル服用を止めれば、排卵後の状態がなくなり、脳の判断で通常通り排卵が起きるようになっています。
妊娠中の女性 実際に長年ピル服用をしていた人でも、服用を止めてから問題なく妊娠・出産をししています
そして子供にもピルの影響はありません
これらのことを正しく理解して、上手にピル服用を行っていきましょう。

ピルでホルモンバランスを整える

女性はホルモンバランスによって影響を受けやすい身体です。
体質的な問題で、元からホルモンバランスが乱れている方もいれば、日ごろのストレスや食生活、生活習慣によってバランスが悪くなり、身体に不調が出てくる方もいます。
バランスを整えるために効果的なことは、日ごろの生活を見直すことですが、それだけでは治らないという方には、ピルを飲むという方法もあります。
ピルというと、避妊のための薬として耳にすることが多いですが、実際は種類がいくつかあり、女性ホルモンを調整する働きをするピルがあります。
女性ホルモンには、エストロゲンプロゲステロンの2種類があり、月経を境にその2つの量が体内で整えられています。
ピルは、この女性ホルモンの調整を手助けする薬です。
月経前症候群などの、月経による症状が重い方によく飲まれています。
ホルモンバランスを整える効果があるものとして、ホルモン注射というものがありますが、これは副作用が重くなる場合があり、注射後はできるだけ安静にする必要があるので、まずはピルの方から試す方が多いです。
ただし、ピルにも多少の副作用がでる可能性があるので、処方する医師の指示に従って服用するようにしましょう。

セックス後の避妊にはアイピルを

アイピルの画像避妊を行わずにセックスをした場合妊娠したかどうか不安にさいなまれるのもやはり女性ですが、この場合は緊急対処法としてアイピルなどのアフターピルを服用するのがおすすめといえます。
アイピルはノルレボのジェネリック医薬品であり、避妊に失敗した際に指定された時間内に服用することで着床を防ぎ計画外の妊娠を防ぐ効果があります。
避妊失敗後の24時間以内の服用で95%72時間以内なら75%の確率で妊娠を回避できます。
基本的には婦人科などで処方されるのが一般的ですが、ネット通販などでも購入できるとされています。
アイピルは緊急避妊薬なので、繰り返し服用するものではありませんがアイピルとはまた別の種類である低用量ピルならPMDD(月経前不快気分障害)の症状を緩和させることができますので、婦人科で相談してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい記事